効果効能

コーヒーの効果効能

コーヒーの効果効能イメージ

コーヒーの飲用は薬として始まったといわれています。 その覚醒作用は古来より注目され、利用されてきたようです。 カフェインは、摂取後、血流にのり約30分で脳に到達します。 計算力や記憶力の向上、疲労の抑制、運動能力の向上に役立つという研究がありますが、 これらはカフェインの作用と考えられています。 また、カフェインは交感神経を刺激する作用があり、 コーヒーを飲むと体脂肪の燃焼が促進することが知られています。

コーヒーベクトル

コーヒーベクトルイメージ

コーヒーは赤道をはさんで南北緯25度、北回帰線と南回帰線の間の コーヒーベクトルと呼ばれる地域で、ほとんどが生産されています。

このページのトップへ戻る