コーヒーのリラックス効果

香りのリラックス効果

香りのリラックス効果イメージ

杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授らの研究よりコーヒー粉末、レモン油、蒸留水を用いて リラックスしたときの脳波であるα波を比較すると、コーヒーの香りをかいだときに最もα波が 現れることがわかりました。 これは、珈琲のリラックス効果がいちばん高かったということです。 リラックス効果は、焙煎の仕方によっても変化し浅煎りと深煎りでは、深煎りのほうが 高いことがわかっています。

カフェインのリラックス効果

カフェインのリラックス効果イメージ

中村大学栄養科学科の青峰正裕教授らの研究よりストレスを受けると、 脳内で種々の神経伝達物質が放出されることがわかっています。 そこで、ラットを動けないように拘束してストレスを与え、 解放したあとの放出物質を調べました。 その結果、生理食塩水ではストレス反応の減少は15%でしたが、 コーヒーでは63%、カフェインでは66%と激減。 コーヒーに含まれるカフェインに強いリラックス効果があることがわかりました。

このページのトップへ戻る